IPROS

ENTRY

CROSSTALK

営業部 企画営業グループ 佐藤 拓弥 × 制作部 制作グループ 高良 源太郎

染み付いた“面倒見の良さ”。

先輩が後輩に時間を使うのは”当たり前”。

イプロスを選んだ理由

高良オンリーワンのビジネスモデルに惹かれました。採用イベントに参加した際に紹介を受けて説明会に行ったのですが、そこで聞いた話が「こんなことをやっている会社、ほかに見たことない」という内容で。そこからは第一志望でしたね。

佐藤僕は人の魅力にやられましたね。最初はイプロスという名前も知らなくて。フォローしていたTwitterの就活情報まとめアカウントがつぶやいた説明会情報をたまたま見たのがきっかけです。特に気にかかったわけでもなかったのですが、丁度よく時間が空いていたタイミングだったので行ってみたんです。

photo

高良佐藤さんは商社や総合広告代理店なんかも受けてたんだよね。そういう会社の人たちも魅力的そうに思うんだけど、イプロスのほうが合ってたの?

佐藤確かに、商社や代理店の人も魅力的だしエネルギーがすごいなとも感じたんだけど、どこか個人プレーな印象を受けて。会社が大きいからか、全社で力を合わせてという感じは少なく思ったんです。イプロスは、みんなで売上を上げよう、一緒にやっていこうという感じを全員から受けましたね。

photo

高良なるほど。その感じは、入社してからもすごく感じたな。1年間通して、先輩たちが自分に対してすごく時間を割いてくれていたなと思います。

佐藤2年目になって後輩に教える機会もできました。教えるのってすごく時間がかかるじゃないですか? 自分でやったほうが早いかもと思わないでもないけど、それでも不思議と、教えるのが嫌だとは思わないんですよ。学生時代のアルバイトでは、後輩教育なんてろくにしていなかったのに。

高良そういう環境でいたからかな。いい意味で、当たり前になってるよね。後輩に時間を使うことが。

photo

広告制作のプロからの
”援護射撃”。

制作という仕事

高良1年目は佐藤さんも僕も営業で、ライバル関係でした。人の懐に入るのがうまい佐藤さんにリードされて、僕も食い下がったけど、MVPは手にできず。2年目こそはリベンジだって思っていた矢先の転属でした。でも、割とすんなり受け入れられました。もともと一生営業でとは思っていなかったし、新しい知識が入ってくるのが楽しくて。

佐藤高良さんは真面目で吸収力が高いから、新しいことを勉強できる環境は合ってるよね。

高良営業部にいると、イプロスのサービス内容についてはすごく詳しくなれるけど、制作部では一歩引いて、「広告とは」「マーケティングとは」っていう部分を学ぶことが多くて。

photo

佐藤実際、制作からいろいろと教わることも多いからね。あと、お客さんのなかでつくりたいもののイメージが不明瞭なときでも、ヒアリング内容からつくるべきものを提案する力は本当にありがたい。制作ならではの職能だなって思います。

高良制作の立ち位置でクライアント先に同行することもあるんだけど、制作物のイメージまで付けられると、お客さんも納得しやすいからね。先日、別の同期の営業に同行した際に、めったに採用されないサービスを成約できたんです。仕様が複雑で、お客さんの理解を得にくいのが売れにくい理由なんですが、制作担当として利点を説明しました。同期との仕事で最高の結果を出せたのは素直に嬉しいです。

佐藤うらやましいなあ。同期に制作がいること、特に営業を経験した制作がいることは、僕にとっても強みになると思っています。より効果のある広告を、一緒に生み出したいですね。

photo

photo

営業部 企画営業グループ佐藤 拓弥 TAKUYA SATO

2015年新卒7期生として入社。営業部に配属、新入社員の常識を超える活躍をし表彰される。2年目になり、後輩の育成に気を配りながら、元気と行動力で営業部を盛り上げる若手社員。

photo

制作部 制作グループ高良 源太郎 GENTARO TAKARA

2015年新卒7期生として入社。営業部に配属、2年目には制作部に異動、メルマガ原稿の作成などライティング業務のほか、LPの設計や市場調査サービスの計画・実施に携わる。マーケティングの原則に基づく制作物は顧客からも信頼を集め、営業に同行してサービス提案を行うことも。

  • SALES × USER SALES
  • SALES × SALES PROMOTION
  • SALES × ENGINEER
  • SALES × CLIENT