IPROS

ENTRY

CROSSTALK

営業部 プロモーション推進グループ 石井 めぐみ × 企画開発部 システム開発グループ 戸辺 詩織

“役割”が人を活かす。

育てるには、まず”任せる”。

イプロスを選んだ理由

石井私たちの代はちょっと特殊で、全員が逆求人サービス経由で入社しているんです。私は、登録していた逆求人サイトからきたスカウトメールがイプロスを知ったきっかけですね。

営業がやりたかったんですが、どうせなら一番売りにくい物を売れるようになりたくて。そこで、考えていたのが無形のサービス。例えばパンは買った瞬間食べられるけど、保険は入った瞬間は何にもありません。メリットが分かりづらいから買いづらいし、売りづらい。イプロスも、出稿した瞬間に売上が伸びるわけではないですよね。それを売れるようになりたかったんです。

photo

戸辺私はエンジニア向けの逆求人イベントですね。IT業界に身を置きたくて、SIerを中心に見ていたのですが、そのイベントには事業会社が多く出展していたんです。話を聞いているうちに、顧客の顔が見えづらいSIerという業態よりも、使う人との距離が近い事業会社のほうがおもしろいんじゃないかと思って。当時のエンジニアのマネージャーがSIerからイプロスに転職した方だったので、そんな話をしてみたら、まさに同じことを感じて転職されたみたいで。自分の考えを信じていいかなと思い、入社を決めました。

石井入社前に誰に会うかって大事だよね。私は自分からお願いして、当時の2,3年目の先輩に合わせてもらいました。その先輩の姿が、自分の2,3年目の姿だと思ったからです。

photo

戸辺入社してからは、いい意味で早く仕事を任せてくれるよね。エンジニアの場合、1ヶ月の研修の後は、社内から挙がる疑問の声や不具合報告に対応するヘルプデスクとして実践のなかで学びます。開発案件でいうと、2年目でクライアント向けの通知メールのマルチパート化という重要プロジェクトのまとめ役を担当させてもらいました。

石井私も、入社3,4ヶ月目には一人でお客さんのところに行ってたな。もちろん、ロールプレイング型の研修でしっかり学んだ後で、先輩たちに手厚くフォローいただきながらのことですが。

photo

”ビジネスの根幹”を開発する。

エンジニアという仕事

戸辺新卒でこの会社に入ったので他の会社と比べることはできませんが、事業会社に入ったのは正解だったかなと思っています。イプロスのサービスは、100%内製で開発しているので、要望、相談、賞賛、その他すべてが開発に届きます。顔が分かる人たちからのフィードバックなので、誰かの役に立てた実感が湧きやすいのが魅力ですね。

石井戸辺さんは、要望を出した人のことをちゃんと覚えていて、改善したらすぐ報告をくれるよね。あれ、すごく助かる! やっぱりお客さんも、自分が出した要望が受け入れられるとすごく喜んでくれます。営業としては、せっかく対応したからには、「先日いただいたご要望に、お応えしましたよ」ってきちんと報告したい。その点、戸辺さんの対応は100点です(笑)。

photo

戸辺良いことはできるだけ共有したいから、積極的に発信しています。エンジニアは、つくることはできてもそれを売ることはできません。私たちが社内で安心して仕事していられるのも、営業がつくったものを届けてくれているから。だからこそ、営業の武器となる情報を渡すことは大事だと思っています。

石井今の話は、逆のことも言えますね。営業が売っているのは、エンジニアがつくってくれたもの。売り物がないと、私たちも仕事ができません。持ちつ持たれつの関係なので、今以上に、もっともっと協力しあいたいですね。

photo

photo

営業部 プロモーション推進グループ 石井 めぐみ MEGUMI ISHII

2014年新卒6期生として入社。営業部に配属、持ち前の好奇心と感性で広告マーケティングの幅広い知識を獲得。お客様の製品・サービスを徹底してヒアリングしたうえで適切な提案をすることに日々奔走している。

photo

企画開発部 システム開発グループ 戸辺 詩織 SHIORI TOBE

2014年新卒6期生として入社。企画開発部に配属。サイト機能改善を中心に、仕様検討から設計・実装・効果検証まで幅広く経験。現在はユーザーや社内からの要望を担当するリーダーを務めつつ、後輩の指導にも注力している。

  • SALES × USER SALES
  • SALES × SALES PROMOTION
  • SALES × PRODUCTION
  • SALES × CLIENT