IPROS

ENTRY

CROSSTALK

営業部 プロモーション推進グループ リーダー 服部 絵里 × ニッカ株式会社 オフセット印刷機器本部 営業 瀬田 純也 様

“知ること”がビジネスに厚みをもたらす。

“顧客との対話”以上の
近道はない。

イプロスとの出会い

瀬田様イプロスを使い始めたのは2013年、まだ私が入社前のことです。ニッカ株式会社(以下、ニッカ)のお取引先は印刷関連企業が主なのですが、そこで新たな顧客を獲得することに加え、印刷業界以外の企業にもニッカのことを知ってもらい、総合的な販促につなげたいという事で利用を決めたと聞いています。最初から服部さんにご担当していただいていたそうですね?

服部はい、当時は入社一年目の、一人でお客様を担当するようになったばかりの頃で、お客様に育てていただいているような時期でした。ニッカさんにも大変お世話になりました。

photo

瀬田様いえいえ、製品や技術について、本当によく理解いただいていることに驚かされているくらいです。私たちのようなニッチな領域の技術は、勉強するのも簡単ではないと思いますが、どうやって知識を身に着けているんですか?

服部一番はやっぱり、こうして対面でお話させていただくことですね。もちろん事前に業界の知識や他社の事例は調べたうえでお会いするのですが、実際にその技術を提供されている方からのお話と比べると得られる情報の深みが違います。イプロスに求めるものも各社それぞれ異なりますし。ニッカさんの場合は、技術説明に加えて、販促関連での長期的な取組方針を共有いただく場を用意いただけたので、より理解が進みました。

そうしてお客様とお話を重ねた経験が、他のお客様のお話を伺う際に、理解の助けとなることも多いですね。ご提案のヒントになることも少なくありません。多くのお客様と、多くの時間お話することで、営業としての厚みにもつながるように思います。

photo

クライアントとユーザーを
”出会わせる”。

イプロスがもたらしたこと

瀬田様イプロスを利用するメリットとして感じているのは、楽に、かつ定常的に集客できるということ。展示会などのイベントも販促効果がありますが、年中開催することはできません。その点イプロスは常時掲載できるので、引き合いのベースアップになっています。

もう1点、大きいのは顧客の幅が広がることです。他の販促手段を経由しての引き合いは、ほぼすべて既存のお取引先と同業界の企業なのですが、イプロス経由の引き合いには、意外な企業が含まれています。

photo

服部私たちのバリューが一番発揮できる部分ですね。近い業界内での情報交換やご紹介のなかでは出会えない、思わぬ企業とのマッチングを提供し新しい製品やビジネスが生まれるきっかけをつくることはイプロスならではの価値だと思います。

瀬田様とあるティッシュブランドさんとのお仕事は、思わぬ出会いのいい例ですね。ニッカが持つ独自技術に、粉体や液体を均一に散布するというものがあります。この技術を用いてティッシュペーパーにうるおい成分を散布することで、肌触りの良さを向上させました。薄いティッシュですから、わずかな散布ムラが製品の質に大きく影響しますが、精度の高い技術が製品アイディアを実現するのに一役買いました。

服部イプロスがきっかけで新しい製品が生まれたと伺うと、やっぱり嬉しいですね。こうした出会いがより多く生まれるように、サイトの改修や効果的な広告の開発、サポートの強化を日々進めていますので、今後もよろしくお願いいたします。

photo

photo

営業部 プロモーション推進グループ リーダー 服部 絵里 ERI HATTORI

2013年入社。プロモーション推進グループにて東京神奈川エリアの既存営業を担当。これまでに営業MVPを何度となく受賞。現在は、東京営業所のプロモーション推進グループでチームリーダーを務めている。

photo

ニッカ株式会社 オフセット印刷機器本部 営業 瀬田 純也 様 JUNYA SETA

印刷周辺機器・資材の総合メーカー「ニッカ株式会社」に入社以来、営業担当として、同社の製品や技術の販路拡大等に従事する。イプロスを活用した販促活動を通して、印刷周辺業界外の企業からの需要を掘り起こすなど、顧客の幅を広げている。

  • SALES × USER SALES
  • SALES × SALES PROMOTION
  • SALES × PRODUCTION
  • SALES × ENGINEER