IPROS
IPROS RECRUIT エンジニア向け特設ページ
IPROS RECRUIT 2019
横田順平

ENGINEER

JUNPEI
YOKOTA

企画開発部
開発グループ

横田 順平

自分の道を、自分の意志で切り拓く。
社内初のデータ解析担当に。

ITエンジニアとして、
製造業に貢献する。

イプロスを選んだ理由

高校生の頃、情報化社会とかロボティクス社会っていう言葉がニュースなどでよく取り上げられていて。もともと、ものづくり全般に興味があったこともあり、大学は電気情報工学部に入学しました。就職を考えはじめた3年生の頃、今度はスマホが普及しはじめていました。当時、情報系の学生の就職先としては、まだまだ大手メーカーやSIer人気が高かったのですが、私はWebアプリケーションの分野に興味を引かれたんです。ITと何かを掛け合わせて事業を展開している会社を見比べて、一番惹かれたのがイプロスでした。

photophoto

理由は2つあって、会社の規模と、事業ドメインです。規模については感覚的なもので、大きい会社よりも、小さい会社のほうが想いを持って働けそうだと感じたから。事業ドメインについては、製造業に特化して課題解決を行っているのがおもしろいなと感じました。工学部生だったので、家電や半導体など、かつて日本を支えた産業が今や不調に陥っていることには問題意識を持っていました。自分がそこに、何か貢献したいなという想いもあったので、イプロスの事業ドメインはぴったりでした。世間的に注目されるのはBtoCサービスの企業ばかりだったなかで、BtoBのビジネスマッチングというモデルにも独自性を感じましたし。

photophoto

実際に入社してみて、多くの技術者に利用されていることを再認識できましたし、営業担当を通して、クライアントに貢献できたエピソードを聞く機会も少なくありません。まだまだ、業界規模で大きなインパクトを与えられるほどには至りませんが、少しずつ貢献できるようになっている実感はあります。

photophoto

自分のキャリアを、
自分の意志で築いていける。

photophoto

イプロスのエンジニアに
求められるもの

入社から1年半は開発のプロジェクトで実際に手を動かしたり、サポートデスク(社内の問い合わせ窓口)対応をしたりして、プログラミングやビジネスの基礎を学びました。

ちょうど1年半くらい経った頃、サービスサイトのデータを解析して、改善策を講じるというプロジェクトを任されました。当時、社内には解析担当者がいなくて、手が空いたエンジニアが、エクセルを使って分析しているような状況でした。他の会社ではいろんなツールを使いこなして、データを深く読み解いて有効に活用している時代に、です。マズイなと思ったのと、僕自身が解析に興味が沸いたのとで、本格的に担当してみたいと思うようになりました。そのことを開発部門のマネージャーに掛け合って、それ以来、解析をメインで担当させてもらっています。

規模が大きくないので、未整備なところや専門性に欠ける部分も正直あります。でもだからこそ、自分で手を挙げて、必要性をしっかりと説明できれば、チャレンジできるチャンスがあるとも言えます。上司や先輩のなかにロールモデルを見つけてそれを真似するタイプの人より、自分自身の志向に向き合って、自走できる人のほうが活躍しやすい会社だと思います。

photophoto

Webエンジニアの市場価値が高まってきて、学生の志望職種としても人気が上がっています。昔なら大手SIerに入社していたような人材がWeb業界を志望するようになっていますし、イプロスの後輩たちもやっぱり優秀です。ウカウカしていられないなと焦りを感じつつ、優秀な方と働けることを楽しみにもしています。

photophoto

PROFILE

企画開発部 開発グループ
横田 順平

2014年新卒6期生として入社、企画開発部に配属。社内の分析基盤を刷新してデータドリブンな社内文化を定着させ、経営貢献賞を受賞。現在は分析基盤やインフラの保守を担当しつつ、データ分析に基づく様々な施策を立案からプロジェクトリードまで幅広く担当。

photophoto

エンジニアトップへ戻る