IPROS
IPROS RECRUIT エンジニア向け特設ページ
IPROS RECRUIT 2019
戸辺詩織

ENGINEER

SHIORI
TOBE

企画開発部
開発グループ

戸辺 詩織

上流から下流まで、サービスのすべてに携われるからこそ、得られる経験がある。

ユーザーとの距離を重視して選んだ、
“大規模すぎない事業会社”。

イプロスを選んだ理由

大学が情報関係の学部だったこともあり、IT系の仕事に就きたいと考えていました。最初はSIerを中心に探していたのですが、規模の大きなものをつくる分、自分が担当する部分が、使う人にどんな影響を与えるのか分かりにくく感じていて。そんなときに、就活イベントで事業会社のエンジニアの話を聞いて、自分がつくるものとそれを使う人との距離が近いことに惹かれました。

photophoto

事業会社のなかでも複数社を比較したんですが、事業の独自性や開発部門が大規模すぎないことが決め手になって、イプロスを選びました。少人数チームのほうが早くから仕事を任せてもらいやすいのではと考えてのことだったんですが、入社してみたら予想していた以上に早くから仕事を任せてもらえましたね。1ヶ月ほどの研修を終えたあとは、すぐに小さな機能改修のプロジェクトが割り当てられ、実際にリリースするところまで担当しました。もちろん、先輩にサポートしてもらいながらではありますが、「自分でつくった」という実感を早い時期から味わえた、今でも思い出深いプロジェクトです。

photophoto

4年目になった今は、自分が発案・設計したプロジェクトをリーダーとして担当しながら、ほかの細々したプロジェクトや、サポートデスク(社内からのシステム関連問い合わせに対応する部隊)も並行して行っています。上流から下流まで、いろいろなレイヤーの仕事ができるのは、この規模の事業会社ならではの面白みかなと思います。大手ではエース社員に集まるような仕事を担当できるチャンスもありますし。

任せてもらえる環境だから、
自分の頭で考える力が必要になる。

photophoto

イプロスのエンジニアに
求められるもの

早いうちから大きな仕事を任せてもらえる、というのは経験の浅い部分を任される機会も多いということです。知っていること、すでにできることを、言われたとおりにやるだけでは通用しません。できそうにないと思ってしまうような案件を担当することもありますが、それは「できる」と信頼してもらっているからこそ。それを乗り越えるために必要なのが、自分で考える力だと思います。経験が足りない分をロジカルな思考で補って、自分なりの解決策を考え出せる人が活躍しています。それができる人なら、プログラミングのスキルは入社時点ではあまりなくても大丈夫です。私自身も情報系と言っても文系の学部だったので、入社時にはほとんどプログラミングができませんでした。でもそういうスキルは業務のなかだったり、社内勉強会だったりでいくらでも身に付けられますから。

あとは、事業会社の社員として、自社のビジネスを理解しようという意識も必要ですね。会社としても理解を促す動きをしていて、営業方針は開発部門にもしっかりと説明されます。オフィスが全職種ワンフロアで他職種の社員とのコミュニケーションもあることも、いろんな角度からビジネスについて知るきっかけになります。実際に実装するのは、ユーザビリティの改善や、便利な機能を追加することですが、目的はあくまでもビジネスに貢献することなので、そこに興味が持てることは大事な素養ですね。

photophoto

入社すると、年の近い先輩エンジニアがメンターとしてサポートします。私も今は教える側の立場ですが、後輩から学ぶことも多いので、お互い高め合えるような方に入社してほしいなと思います。

photophoto

PROFILE

企画開発部 開発グループ
戸辺 詩織

2014年新卒6期生として入社。企画開発部に配属。サイト機能改善を中心に、仕様検討から設計・実装・効果検証まで幅広く経験。現在はユーザーや社内からの要望を担当するリーダーを務めつつ、後輩の指導にも注力している。

photophoto

エンジニアトップへ戻る