IPROS
IPROS RECRUIT エンジニア向け特設ページ
IPROS RECRUIT 2020
伊藤裕太朗

ENGINEER

YUTARO
ITO

企画開発部
開発グループ グループ長

伊藤 祐太朗

サービス運営にかかわる技術を網羅的に経験し、技術を価値に変えられるエンジニアに。

自社サービスの開発を通して、
幅広いスキルを身に付ける。

イプロスを選んだ理由

就活初期は、プログラミングのスキルを活かせそうな企業をSIerも含めて広く探していたんですが、大人数のなかで任された狭い領域だけを担当するのは自分の肌に合わないと感じました。開発のなかのもっといろいろなパートを経験したかったんです。

実は学生時代、友人と一緒にいくつかWebサービスを立ち上げたことがあるんです。うまくいったら事業化しようなんて話していたんですが、どれもそこまではいかず......。そのときに感じたのが、いいアイデアがあっても作りが甘かったり、そもそも作れなかったりすると意味がないということです。実際、スキルが足りなくて、もどかしい思いをしたこともありました。そういう経験もあって、自社サービスを持っているWeb系の会社の中でも、自分一人でサービス1つをまるごと作り上げられるような、幅広いスキルが身に付く会社に行きたいと考えていました。

photophoto

そこで出会ったのがイプロスでした。登録していた逆求人サイトでスカウトメールが届き、話を聞きにいったら、最初からすごく惹かれましたね。自社でWebサービスを作っていて、すべて内製していること。開発チームの人数がそこまで多くないので、「これしかできない」という特化型ではなく、いろんな領域を担当しながら成長していけること。ビジネスモデルがユニークなこと。そんな説明を全部魅力的に感じて、すぐに第一志望になりました。

photophoto

また、出身が製造業の盛んな浜松ということもあり、日本を支えるこの産業に貢献できることも魅力の一つでした。地元の友達が務めている会社でもイプロスを使ってくれていると聞いたときは、嬉しくなりましたね。

photophoto

サービス全体を理解し、
技術を価値に変える。

photophoto

イプロスのエンジニアに
求められるもの

入社後、サーバーサイド、保守・インフラ、フロントエンド、プロジェクトマネジメントを1年ずつ経験し、5年目からは、開発責任者として、既存サービスのアップデートや、新商品の開発、新技術の開発・導入を行っています。特に重要なミッションは、既存サービスの会員登録数やマッチング数を増やすことですね。

働くうえで意識しているのは、技術を価値に変えること。エンジニアって、技術を高めることを追求するばかりで、技術で価値を生み出すという意識が欠けがちなんです。でも、技術は手段で、達成すべき目的は他にあるはずです。私にとっての目的は、イプロスの事業を伸ばすことなので、その役に立つことがあれば技術力向上以外にも時間を使います。

例えば、イプロスでは、エンジニアも営業に同行することがよくあります。エンジニア志望の方は、営業と聞くと嫌がるかもしれません。私自身、そんなに社交的なほうではないので、最初は気が進みませんでした(笑)。でも、実際にサービスを使って、お金を払うお客様の立場だからこそ出てくる意見があって、最新の技術よりもその意見のほうが機能改善に役立った経験も少なくありません。そういう経験をして以来、イプロスで提供できる価値を高めるためにも、積極的に同行するようになりました。

photophoto

私のキャリアステップは、イプロスのエンジニアとしてはスタンダードなものだと思います。後輩を見ても、1つの領域に特化するよりも、担当を変えながらサービス全体の仕様やビジネスモデルを理解していくようなキャリアが多いです。そういう意味では、広い視野を持って事業全体を考えられる人のほうが活躍しやすい環境かもしれないですね。

photophoto

PROFILE

企画開発部 開発グループ グループ長
伊藤 祐太朗

2013年に新卒入社し、Webエンジニアとして企画開発部に配属。フロントエンドからサーバーサイド、インフラ等、幅広い業務を経験してきたフルスタックエンジニア。入社5年目からは開発グループ全体をマネジメントする、責任者として活躍している。

photophoto

エンジニアトップへ戻る