INTERVIEW

新規開拓に秘められた可能性を理解し、あらゆる手法を試し続ける。

企画営業職 セールスコンサルタントマネージャー

森木 遥奈

HARUNA MORIKI

2019年新卒入社

CAREER

2019.7

首都圏エリア配属

2020.4

事業領域拡大プロジェクト 配属

2022.4

セールスコンサルタント
マネージャー 就任

STORY

裁量を最大限に活かして、 成長していく

就職活動では「若いうちから裁量ある仕事ができるか」という軸を大切にしていました。そんな中で出会ったのがイプロスです。イプロスの営業は入社1年目からお客様先の経営層や営業責任者に対して、販売促進の提案をする機会が得られる仕事です。お客様先の業績向上という大きなテーマに対して向き合い、自分の努力が成果として実感できる、やりがいを感じられる環境だと考えました。入社2年目からは「イプロス都市まちづくり」というサイトの事業領域拡大プロジェクトに携わらせていただきました。こちらのプロジェクトにはイチから携わらせていただいているため、営業プロセスをつくり上げるところから始まり、ターゲットの選定や営業資料の作成までを行いました。そんな中でも目標数字を達成するために高速でPDCAを回す必要があり、当時は毎日の業務に全力で取り組んでいました。あの状況を乗り越えた経験が、ビジネスパーソンとしての私のキャパシティを大きくしたと感じています。

新規開拓は、世の中に 新しいビジネスチャンスを生み出す

「イプロス都市まちづくり」は、もともと「イプロス建築建材インテリア」というサイトでした。今では都市まちづくりに携わる様々な企業に幅広く利用いただいているサイトですが、元々は建築・建材・インテリアに限定したサイトだったんです。リニューアルを経て、より多くの新しいお客様にも参画いただくことで、世の中の企業の可能性をさらに広げることができていると実感しています。イプロスは、良い技術を持っているものの世の中からあまり認知されていない企業を、その技術を必要とする企業に発見してもらうサービスです。その出会いが、お客様にとって新しい事業展開につながったり、時には企業の存続を手助けできるようなこともあります。良い技術を世の中で活かしていく。未来のビジネスチャンスを提供する。そのためにも、営業としてより多くのお客様に最善のプランを提案し、常に先導者であり続けなければという意識を持っています。

自分の経験をイプロスの、 次のステージへ活かしたい

「イプロス都市まちづくり」のサイトリニューアルを経験したことで、サービスというのは時流に合わせて、常に進化させていかなければならないものだと学びました。イプロスは、事業領域の拡大と共に毎年サイト利用者数も増大しています。これまで営業活動を通してお客様と向き合ってきた中で、お客様のニーズが多様化してきていることも痛感しています。社会に対してより大きな影響力を発揮していくためにも、会社としてもさらに大きく成長し続ける必要があります。今後はこれまでの経験を活かして、新サービスや新事業の立ち上げにも積極的に手を挙げて、機会を逃さずに挑戦していくことが目標です。私自身の成長をイプロスの成長につなげていきたいと強く考えています。

WHATS YOUR IPROS?

イプロスという場所

イプロスは社員一人ひとりが主体性を持って働ける会社です。年次や立場・役割にかかわらず、自分の考えを伝えられる環境があります。一人ひとりが当事者意識を持っていることが、イプロスを少数精鋭たらしめています。自分が会社を引っ張っていくのだという想いを強く持った社員が集まっているからこそ、会社も自分も成長し続けていけるのだと思います。